スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
菊、急性膵炎に罹る
お気楽旅行レポをUPしてましたが、実は帰宅後、菊の体調に異変が見られました。
一番顕著だったのが目の充血。
充血した菊
元々充血しがちな菊だったんだけど、これはあまりに酷すぎるし、
眼球が外に向いてしまってロンパッてるし、
だるそうにずーっと寝てるし、どんどん食欲も落ちてるし・・・
ということで病院へ行ってきました

ちなみにこれがいつもの菊ちゃん。
全然別人みたいです。
いつもの菊

病院へ行くと先生の目に焦りが・・・
酷い充血で考えられるのは、まず肝炎か膵炎。
しかも重篤な症状であるだろうと言われました
すぐに血液検査の為の採血がされ、その後レントゲン、エコーにもかかりました。
血液はドロドロすぎて、成分の計測に時間がかなりかかったようです。


検査の結果、急性膵炎と診断されました。
膵炎はすい臓から出る「酵素」が分泌されすぎて、周囲の臓器をも溶かしてしまう
恐ろしい病気だそうです。
生存と完治の確率は五分五分、よくなったと思っても急変することもあるとのこと。
原因はよくわかっていないらしいけど、極度の疲労や脂っこいものを食べたりすると
なるらしい。
確かに旅行ではいつもより長めの散歩をしたり、雪道を歩いたり、車に乗ったり、
身体に負担がなかったわけでないだろうけど、ゼーゼーいうほど走ったり
超興奮したりということはなかったのに・・・
まぁでも旅行が引き金になったのは否めないか。

先生からは今後の治療方針などの説明がありました。
これだけの大病だとそれなりの費用が当然かかる。

しかし幸運というべきか、咲ちゃんの膀胱炎をきっかけに、今年に入ってから
保険に入っていたのです。
これまで病気らしい病気をしなかった菊はいいかな、と思っていたけど
やっぱり歳だし入っておこうと、二人まとめて1月に加入。
すでに猶予期間が過ぎて支払い対象期間に入っていたのです。
「お金かかるから先生、治療はしなくていいです」
なんて言えないもんね。

ただし、以前咲ちゃんが掛かった「高度医療センター」のようなところへは行かない。
今は義母のこともあり、とてもじゃないけどムリ。
そのかわり治療費は惜しまず、先生の下で一生懸命やれることはやる、
ということで、今後の治療方針を決めました。

まず一つ目の山が治療始めの3日間。
点滴、注射を受けに朝夕2回通院。
(入院の話もあったけど、ギリギリ通院で大丈夫そうなので、まずは通院から)
ダンナハンが今週いっぱい勤続ン十年のお休みなので、本当に助かりました。
私が仕事行ってる間も見ててもらえるし・・・菊自身も安心だったと思う。
菊を病院へ連れて行く時も咲ちゃんを置いて行けるしね。


初診の点滴と注射が(この時は注射10本くらいしました)効いたようで
帰宅後ご飯を完食。
吐き気止めを打っているので食べる気になった模様。
とりあえずご飯を食べたことで私達も安心しました。

今日で治療開始から4日となりましたが、悪くなってはいないけど、
まだまだ元気がなく、小康状態が続いています。
食欲はイマイチだし、若干震えあり。
どうやら炎症が治まりきれてなくて痛いのではないかという見解。
そしてたぶん吐き気がまだあるのだろうと。

明日は治療開始から5日目の山となるわけですが、
容態が急変しないことを祈り、今晩も様子を見ていきます。
スポンサーサイト
[2012/03/18 16:16] | 菊次郎と咲
菊次郎と咲


菊咲の甘ぁ~い生活♪

菊咲のご紹介

まりも

Author:まりも
<菊次郎>
2005年9月15日生まれ
ワガママな甘えん坊
<咲ちゃん>
2006年12月29日生まれ
天真爛漫な女王様♪

最近の話

リンクその壱

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

リンクその弐

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。