スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
犬の幸せってなんですか?
私が日本一かわいいと信じている咲ちゃん。
メディアでフレンチが出ていると「どうしてうちの咲ちゃんにオファーがないんだろう?」
といつも真剣に思っているほど正真正銘の親バカです。
今回のことは今でも信じられないし、受け入れがたいのですが、
現実として受け止めて考えなければならないようです。

今、本当に悩んでいます。
いつも私のブログを読んでくれてる人、通りすがりの人、みなさん私に答えをください。
万が一自分の子が片手を失うようなことがあっても、
絶対に手術を受けさせますか?

私なら受けさせます。
だってどんな姿でも生きてて欲しいから。
でも咲ちゃんはうれしいかな?

車椅子などを使って賢明に生きてる子がいることも知ってます。
だけど、何がなんだかわからず病院へ一人残されて、
いつの間にか眠らされて、
起きたら片足無くなってて、
犬として楽しく生きられるのかな。

私のエゴではないのかな。
もしかしたら咲ちゃんは走れなくても私達と一緒にいられることがうれしいと思ってくれるかもしれない。
かかりつけの先生が言うように、犬は人間ほどイジケたりしないで、前向きに強く生きるものなのかもしれない。
だけどそれは正しい選択なのかな。

本当にわからなくなってきました。



前記事でも書いたように、細胞検査の結果では悪性腫瘍の可能性があると指摘されています。
実はすでに3つの腫瘍の種類の疑いがあると言われていて、
これからお世話になる「日本動物高度医療センター」(以後センターと書きます)では
この中のどの腫瘍になるか、を断定する検査でした。

レントゲン結果から、身体本体部分への転移は認められませんでした。
今ならまだ間に合う可能性が高い。
だからどの腫瘍だったとしても手術は必要なようです。


治療方針として、いくつかの提案がありました。

まず一番ベストなのは手術して放射線治療をすること。
センターの医療技術は最先端らしく、中でも放射線治療においては日本でトップだそうです。
設備は人間のと同じで安心して任せられそうです。
ただ問題なのは

月・水・金、週3回の4週で12回通わなければならず、しかも一回一回全身麻酔。
照射時間そのものは1~2分なんだけど、動物は動くから・・・
通うにしても首都高流れてても1時間かかる距離を往復しなければならない。
月曜預けて金曜引取りに行くこともできるけど、これ以上入院なんてかわいそうなことはできない。
咲ちゃん若いから耐えられると診断されてるけど・・・

それと私達の負担も相当なものです。
もちろん往復の運転、麻酔が醒めてから帰るので一日がかり。
そして何よりお金が莫大です。
放射線治療だけで最低でも80万・・・
手術は30万、今回の検査だって約9万かかってます。
恐らく総額150万くらいかかるでしょう。
お恥ずかしい話ですが最近車を買ってしまい、あり金を頭金に突っ込んでしまったので
今は貯蓄ゼロ~。
どこからひねり出そうか・・・正直苦しい。

けど、お金はまた作ることができます。
往復の運転だって、一日待ち呆けだって、そんなの咲ちゃんの苦しみに比べれば何てことない。
だから可能性があるのなら、それがベストなら私は受けさせたい。
咲ちゃんが耐えてくれることを信じて。


それとこれは先生も基本的にやりたくないと言ってたけど、切断する方法。
こんな恐ろしい言葉、書くのも嫌なんだけど・・・
ただ、今は身体に回っていないので切ってしまえばほぼ根絶することができる。
放射線治療もしなくて済む。
というメリット、メリットなんて言いたくないけど、メリットがあります。

だけど咲ちゃんの腫瘍の箇所は足首なのに、肩から全部なんだって・・・
切断ってそういうものなんだって・・・
そんなの絶対に絶対に嫌だ。
でももしかしたら腫瘍の種類によってはこれも選択しなければならないかもしれません。


咲ちゃんは足首にできました。
関節の部分です。
この場所も悪かった。

手術すると関節付近の組織を取ることになるので、やってみないとわからないけど
術後の歩行に影響は出そうです。
これも本当に悲しい。


これも辛いけど、
手術させないで今の咲ちゃんを維持し、楽しく生命をまっとうさせること。

今の医療技術は進んでるけど、本当に手術することがいいのか、
なるべく痛くないように、辛くないように、ホスピスみたいなやり方は選択肢としてアリなのでは。

私の母は20年前に肺がんで亡くなりました。
それまで元気だった母、自覚症状がないまま入院、手術をして、
手術したとたんに病人のようになり、
わずか半年で逝ってしまいました。
こんな私の過去の経験もあり、手術することが本当にベストなのか、悩みます。

だけど咲ちゃん今は転移もないし、手術させて可能性を引き出してやるのがベストだし、飼い主としての役目かなとは思ってますけどね・・・



長くなりましたけど、本当に誰か教えてください。
どの道が正しいのかを。



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2009/11/06 06:32] | 菊次郎と咲 | コメント(8)
<<応援ありがとう! | ホーム | 負けないもん!>>
コメントの投稿
きななさん
そうですね。
確かに私たちがしっかりと道筋を作ってあげて、咲ちゃんが迷うことなく治療に専念できる環境作りをしてあげるのが一番ですね。
それには自分がブレないことが大事だと思います。
実際に経験された方のお話、本当に貴重でありがたいです。

ピノ母さん
ハイジですね~!
私もたまに見てました。
そういう能力の人の力を借りて咲ちゃん達の気持ち聞いてみたいなと、ぼんやり思ってました。
ゴールデンの子、う~ん、でもうちの咲ちゃんは自覚症状がないからなぁ~。
ありがとうって言ってもらえるのかな・・・
そこなんですよね。
ん、でもピノ母さんの言ってることわかります。
本当に応援が励みになってます。
本当にありがとう!
[2009/11/06 21:54] URL | まりも #- [ 編集 ]
以前、TV志村動物園の中で、ワンコと話をする外人のコーナーをよく見てました。
信じる信じないは別として、一番印象に残っているのがあります。
病気で歩けなくなったゴールデンレトリバー。その子はひどい状態で。とってもとってもつらそうな我慢してそうな顔をしていたんです。飼い主さんは、歩けないままそっと痛み止めだけで見守るか、切断するか、選択を迫られていました。来日した外人の方は、「この子は生きようとしてるのよ。家族と一緒に生きようと頑張ってるのよ」って。ご家族の方は切断を決意しました。ほかに方法がなかったんです。
数ヵ月後、その子は、ほんとに笑っているような、幸せそうな、足はびっこになっちゃったけど、顔の表情がほんとに違うんです。ありがとーって。これからも一緒だよーって。
家族の気持ちが伝わったんでしょうね。自分のために大好きな家族が決めたこと。ワンコはちゃんと受け入れてくれるんですね。
元気な咲ちゃん。ママ・パパがいっぱいいっぱい悩んで苦しんで涙流して相談して決めたこと、受け入れないわけないですもんね。
お医者様ともいっぱい相談して。頑張ってください。ほんとに応援してます。
[2009/11/06 20:22] URL | ピノ母 #mQop/nM. [ 編集 ]
ありがとうございます♪
わざわざ来ていただいたようで、本当に感謝してます★ありがとうございます♪

後悔・・・。
きっとしないと思います。
頑張った分、悩んだ分、きっといい答えがあるはずですから。

私は「病気は患者が治すもの」と思っています。医者や、看護師は病気を治す、もしくは
患者さんの生き方をお手伝いするだけですから。だから、最後は家族が一つの方向を見て
頑張っていけばいいんだと思います。
皆で答えを信じる・・・。それが家族にできることです。

そんな道を歩いても、きっといい答えにたどり着くはずです。
がんばってください!!!応援してます♪
[2009/11/06 19:05] URL | きなな #EWVx.VaU [ 編集 ]
みなさん本当にありがとう。
一緒に悩んでくれて、話を聞いてくれて、コメントし辛いと思うのにコメントしてくれて、本当にありがとう。
おかげでまたもやしゃくり上げましたv-356
どんな決断をするのか、それは検査の結果が出ないとわからないけど、絶対に後悔のない道を選び、それを信じます。

odaさん
もちろんodaさんのことわかりますよ!
たまに記事を覗いてます。
そう、私は決めたら突っ走るタイプなので、いざとなったらガンガンいけると思います!
メールの情報、わざわざありがとうございました。
食事とかも今後は気をつけなくっちゃ・・・
それに咲ちゃんオデブだしv-388

ウィリーさん
犬の十戒、菊を迎える頃ウィリーさんに教えてもらいましたよ。
だけどたまに読んでウルウルしてたくらいだから、今はとても読めませんv-356
ウィリーさんの結婚式でお父さんが謝辞で泣いてらっしゃいましたよね。
そのことをウィリーさんが「大の男が泣くんだから犬ってそういう存在」だって言ってたこと、よく覚えてます。
うちのダンナは今のところ私の前では涙を見せてないけど(っていうかその前に私が泣いてるからかもしれない)きっとどこかで涙を拭ってるんだろうな・・・

O川さん
あ~鮨屋に行きたい!
何事も起きていない1ヶ月くらい前に戻ってバカみたいに日本酒飲みたい!
咲ちゃんも私も(ダンナも)元気になったら付き合ってね。
でもその話になったらカウンターで泣くかもv-407
こんなことなら車買い換えるんじゃなかった・・・なんてことも思うけど、後悔はない。
だってなかなか快適よ♪
って、ここでこんなコメントどうかと思うけど。(笑)
あ、そうそう。
縁石でホイール擦って怒られちゃった。その頃まだ1000キロ走ってなかったのに。ハハハ・・・

ぶり母さん
ぶりちゃんのブログに今の私の状況をお知らせしてくれてありがとうございます。
だからかな?初めての方からの応援メッセージもいただきました。
ねーちゃん②ともお話してくれたんですね~。
高校生のお友達ができたみたいでうれしいですv-10
ぶり母さんのすご~く慎重なコメントもすご~くうれしいです!
[2009/11/06 17:27] URL | まりも #- [ 編集 ]
まりもさんの記事 朝一番で涙と共に読みました…
コメントも書いては消し 書いては消しの繰り返しです
自分に置き換えて考えてみました 娘達とも話し合ってみましたが
色々な意見が出てまとまりませんでした
結局まりもさんと御主人が決めたことが一番なんだと思います…
咲ちゃんはまりもさん達との時間と笑顔が一番大切なんだと思いますよ
結局何の役にもたたないコメントになってしまいましたが
頑張ってる人に「頑張って」は負担だと分かっているけれど
それでも やっぱり咲ちゃんと頑張ってとしか言えません
[2009/11/06 15:37] URL | ぶりとにー母 #- [ 編集 ]
まりもさん

励ましたい自分と、オイラ見ないな人間が軽率な意見を言って良いのか?と
朝から自問自答してましたが、やっぱり一言だけ言わせてください。

エゴでも良いじゃないですか。
賛否両論はあると思いますけど、咲ちゃんはまりも家の家族の一員ですし、
どんな形であれまりもさんご夫婦の決断を咲ちゃんもちゃんと理解してくれると思いますよ。
菊もダンナ様に似て普段は多くを語りませんが何かあればダンナ様のように
きっちりフォローしてくれるはずです。

通院、手術となれば出費もかさむでしょうし、まりもさんの負担も増えると思いますが、
咲ちゃんの笑顔はPricelessだと思います。

中途半端なコメントですみません。
いつもの元気と笑顔でたくさん楽しいお酒が呑める日までオイラも応援しますよ~!
[2009/11/06 15:19] URL | O川 #- [ 編集 ]
久々に覗いてみたら、とても大変な状況になっていてビックリしました。
読ませて頂いて、ウィリーが発病した時の事を思い出しました。
ウィリーは発見が遅かったので、手術も出来ず、
ただ弱っていくのを見ることしか出来ませんでしたが、
咲ちゃんは早期に見つけることが出来て良かったと思います。
それだけ選択肢も増えると言うことだし、
何より咲ちゃんが教えてくれたのではないでしょうか?

「犬の十戒」って知ってますか?
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Ten-Commandments.html

言葉を話すことが出来ない咲ちゃんが、
何を望んでいるのかは分かりませんが、
まりもさんご夫婦の決断が咲ちゃんにとって一番だと思います。
咲ちゃんや菊ちゃんはまりもさん達が大好きだと思うし、
これからも一緒に居たいと思っているのではないでしょうか?

もし自分が咲ちゃんと同じ立場だったら、
何かを失っても生きていたいなと思います。
生きていれば大好きな人と触れ合うことも出来るし、
美味しいものだって食べられる。

きっとずっと考えても、どれが正しい答えかは見つからないかもしれませんが。。。
あまり気の効いたコメントが出来なくて、すみません。
[2009/11/06 10:07] URL | ウィリー #- [ 編集 ]
まりもさん、こちらでは初めまして。
誰だかわかりますか?私も咲ちゃん&あん豆ちゃん姉妹と同じブリーダーさんから譲っていただいた子と暮らしています。
以前、わんこ服を購入していただきました。
前からブログ、拝見していました。
今回の事、言葉もありません。。。
どの選択が一番ベストか・・・、とても難しい。
でも、どんな選択だろうと、自分の全てを預けているまりもさんご夫婦が決めたことならば
咲ちゃんは全てを受け入れて、頑張ってくれると思います。
後悔する人って、何をやっても結局は後悔するもんです。
方向が決まったら、その道を信じて突き進んで下さい!!
途中で違うかも?って思えば、その時にまた考えれば良いって、私は思う。
実は、モモコの唯一の兄妹も今、肥満細胞腫で戦っています。
(ひろばに登録しているので、知っているかな)
その時に、集めた情報があるので、後程、PCへメールしますね。
少しでも、お役に立てればと思います。
[2009/11/06 09:37] URL | oda #qsvP4ThM [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

菊次郎と咲


菊咲の甘ぁ~い生活♪

菊咲のご紹介

まりも

Author:まりも
<菊次郎>
2005年9月15日生まれ
ワガママな甘えん坊
<咲ちゃん>
2006年12月29日生まれ
天真爛漫な女王様♪

最近の話

リンクその壱

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

リンクその弐

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。