スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
負けないもん!
タイトル・・・決意表明です。
とはいえ、今日の目標だった『泣かない』をわずか2~3時間で破りましたが
泣かない!泣くな!泣かないぞ~!と自分に言い聞かせても
ここのところ涙腺は緩みっ放しで、いいかげん横隔膜が疲れました

さて、行ってきました。
二子玉川にある『日本動物高度医療センター』という病院です。
いや、もう名前からしてヤバイ感じですよね・・・
多摩川沿いにあって、今回始めて多摩川の土手を歩きました。
散歩にはとってもいいところ。
でもこんなことで来たくはなかったけど・・・


実は私、まだみなさんにお話ししていないことがあります。
私自身が受け入れがたいことだったので、まだ書きたくなかったんです。

前回の細胞検査の結果、『腫瘍の疑い』があるとは言いましたが、
本当はもっと具体的な所見があったのです。
(ちなみに細胞学の権威と言われている先生の施設で検査してもらっています)

『腫瘍は低度の悪性から悪性。
部分切除か検査をした上で全摘出が勧められます』

かかりつけの先生の話、まるでガン患者の治療の話みたいでした。
入院、摘出、放射線治療、抗がん剤・・・

そんなのウソだ、だってこんなに元気なんだもん。
検査の結果、他の誰かと間違えてない?
間違えたと言ってよ!


そんな気持ちもかすかにありつつ、今日の検査に行ってきたのです。

病院へ着くとフレンチ君が待合室にいました。
10歳の男の子、ヘルニアだそうです。
まだ何の疑いもなく、ただのお出かけだと思っている咲ちゃん。
ママさん達に愛想を振りまいてました

『あら~、本当に性格のいい子ね~。お顔もかわいいし
そうでしょ、だって咲ちゃんは美人さんだもん!

『元気な子ね~。なんでこんなに元気なのに、どこが悪いの?』

言われた瞬間、プツンと自分の中の何かが切れ、ボロ泣きしてしまいました。
たった今会ったばかりの人なのに・・・本当に恥ずかしかった。
でもそのママさんには
『みんなそうなのよ。でもアタシも先生に言われたの、笑ってなきゃダメだって』

ホント、そうだね。
私が泣いてると咲ちゃんが不安になるよね。
みんなも言う通り、しっかりしなきゃ!


そうこういているうち診察室に呼ばれ、状況説明。
いつ発覚したのか、なぜわかったのか(正直に足を踏んづけたと言ったよ)
去勢のこと、普段飲んでる薬とか過去の病歴、ワクチンのこととか・・・いろいろ。


さて、今日は検査です。
まずは腫瘍と思われる部位を切開し、中の組織を取り出し病理検査に出す。
その際全身麻酔をする。
麻酔がかかってるうち、レントゲンを撮って内臓各部に転移がないか調べる。
(この時点ですでに悪性腫瘍的なニュアンス・・・)
それと血液検査。

『では麻酔が醒めた頃お迎えに来て下さい。そーですね~・・・早くて4時半?』

いや先生、まだ11時半なんだけど
これから5時間か・・・まぁいいや、天気もいいしニコタマの町でも流すか・・・
というわけで、多摩川沿いをテクテク歩いたわけです。

だけどオサレなブティックにカフェ、ものすご~くハイソな雰囲気なんだけど、
こんな時にどこ入ってもつまらない。
お腹空いてるけどどれも食べる気しない。
こんな気持ちで一日ニコタマを過ごしたこと、いつか笑い話になればいいな。

ところで本屋さんに寄った時、犬(ゴールデン?)が表紙になってる文庫がありました。
タイトルは『1分間だけ』だったと思う。

なんだろう?と手に取ってみると帯に
「癌に侵されたリン(?)ちゃんと飼い主との闘病記」みたいな事が書いてある

ダメだダメだ!こんなの読んじゃ!
と慌てて戻したけど、なんかこう、マイナスに吸い寄せられてるのかも・・・
やっぱり気持ちは大切だね。

そんなこんなで結局3時半頃には病院へ戻り、実際に呼ばれた6時頃まで
ジ~ッとロビーで待ってました。


って、ここまで書いて長いしっ!

すいません、ご心配していただいてる方は『ここからが知りたいのだ!』
とご意見ちょうだいしそうですが(笑)続きは明日また書きますね
だってもう今日は本当に疲れちゃったんだもん。
許して。



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2009/11/05 00:11] | 菊次郎と咲 | コメント(5)
<<犬の幸せってなんですか? | ホーム | これから行きます!>>
コメントの投稿
みなさま、本当に応援ありがとうございます。
とっても身に沁みます・・・が、おかげで涙腺緩みっ放しですv-356

ぶり母さん、当たり前の日常がいかに幸せか、今本当に羨ましいほど感じます。
ほのぼのとした日記、ぜひ続けてくださいね。

ピノ母さん、私もたまにチラ見してましたよ。(笑)
ピノちゃんかわいいですね。
書き込みしようと思ったのですが、今の私にはテンション下がりそうなので遠慮しました。
全て解決して心身共に元気になったら遊びに行きますね。

まめ子さん、双子の姉妹、なんていい響きなんでしょう。
またあんちゃんと一緒に思いっきり走らせたいです。

パッチママさん、先生のことを信じるしかないですよね。
私達はできるだけの、精一杯のことをしてあげないと・・・
それにはまず自分が元気にならなきゃ!
[2009/11/05 18:03] URL | まりも #- [ 編集 ]
まりもさん頑張れ!!

先生の言うととうりに治療していけばきっと大丈夫だよ
きっと、咲ちゃんは強い子だから乗り越えてくれるよ

いつでも笑顔で頑張ろうね!!
[2009/11/05 11:30] URL | パッチママ #nxzuATHA [ 編集 ]
まりもさんや旦那さんの気持ちを思うと声もでません。どれほどお辛い気持ちか・・・。
今、双子の姉妹として何か少しでも力になってあげたいと思う気持ちでいっぱいです。
まりもさんの現実を受け止めて立ち向かおうとする姿勢、本当に凄いと思います。
正直私はまだ現実を受け止め切れていません。
でも今私達が出来る事は、咲ちゃんに一生懸命のエールを送る事だと思っています。
まりもさん、たくさんの人が咲ちゃんをまりもさんを応援しています。
咲ちゃんは感受性が強くて優しい子だから、
みんなのエールに応えて天真爛漫に乗り越えてくれるはずです!
がんばりましょう!!!いつでもまた連絡ください。
[2009/11/05 10:46] URL | まめ子 #yl2HcnkM [ 編集 ]
こんなときに突然コメントもなぁ。と思いましたが心配で心配で。ぶりとにーちゃんのところから来て、結構前から遊びに来ていました。
うちの近所に放射線治療中のダックスフンドの子がいます。見た感じ、とっても元気で、何が、どこが悪いのかさっぱりわからない子です。
その子は骨の病気なので摘出などはできないのですが、適した治療をすることで体重も維持できていて、普段の生活とまったく同じだそうです。何言ってるのか自分でもわからなくなっちゃいましたが、頑張ってください。
ボロ泣きしてしまうのは当然ですよ。ブログを見てる私だってボロ泣きです。
咲ちゃん、心配しないでママと通院、頑張るんだよー。
[2009/11/05 09:58] URL | ピノ母 #mQop/nM. [ 編集 ]
咲ちゃんのことが気になり昨日は何度も何度も携帯から
更新が無いか見ていました…
大丈夫だったよ、て元気なまりもさんの言葉を願いつつ
ただただ我が子の事のように涙が出ます
菊・咲ちゃんは私の一番最初のお友達だものね
私にはまりもさんを力づける言葉が無くてごめんなさい
涙が出るばかりでうろたえています
でも どうか咲ちゃんの前ではいつものまりもさんでいてあげてね
辛いだろうけど治療頑張ってあげてください
[2009/11/05 06:20] URL | ぶりとにー母 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

菊次郎と咲


菊咲の甘ぁ~い生活♪

菊咲のご紹介

まりも

Author:まりも
<菊次郎>
2005年9月15日生まれ
ワガママな甘えん坊
<咲ちゃん>
2006年12月29日生まれ
天真爛漫な女王様♪

最近の話

リンクその壱

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

リンクその弐

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。